こんにゃくの人ト成り-傾聴してみる-

こんにゃくと心理学

こんにちは こんにゃくです

このコーナーでは心理学的なあれこれを綴るよ

なんでいきなり心理学!?

心理学系大学院卒ですw

心理学はおもしろい

綴りたいことがたまりすぎたので
1年間ラジオをやってみて
これは役に立ったぞ心理学!
というネタを上げていきたいと思います。

しかし私は今のところ認定心理士資格を取得していません。

心理学は学問として一旦休憩中です。
というのは心理学を学び、

人は人に傷つけられもするが、
また人によって絆を取り戻す。

…ということはよく分かったのですが、

「人が生きる」という意味や核心は
大学の6年ではサッパリ分かりませんでした。

そんな短い期間で分かるかい!!
ってなもんですが、人の話を聞き、
治療の一環として自分が関わるには
経験値が少なすぎると思いました。

なので一旦自分が役に立てる!と
核が決まるまで経験を積むことにしました。

人の話を聞くというのはエゴにまみれやすい。

しかし真摯に人と向き合う人を前にすると

それだけで人は変わる。

これは大学で学んだかけがえのないことです。

話を聞くということ

前置きが長くなりましたが

ラジオにおいて「聞く」というのは大事な要素
特にFM千里のココロプレミアムでは
毎回ゲストさんがお越しくださいます。

ゲストさんが一番話したいこと
心に強く持っておられることとは何か

30分に満たない時間全集中です( ̄  ̄)
そしてカウンセリングだと、守られた空間で
その会話を聞いている人などいないのですが、

ラジオは何万人という視聴者がいらっしゃる!
なので「聞いてる」ことを「聴かせ」ないと。
それも魅力的に\on air\٩( ‘ω’ )و

でもね、人間とは不思議なもので
どんなに耳障りのいい言葉よりも

熱い胸の内から出るその人そのものの言葉に
快感を覚えるのよ。

その人から発せられる核心に満ちたブレない声
雰囲気、そういうものに魅力を感じる。

だからこそ素敵なゲストさんには
そういう部分を存分に表現してほしい。

そう思うんだよね。

聞くテクニック

これは心理学の本を開けはだいたい書いてある気がするけど…

どうすれば相手が核に触れながら話せるか、
話せるように聞けるかってことだけど…

大前提として
聞き手が嘘を言わない
聞き手が正直
聞き手が話し手をフェアに感じている
聞き手が自分自身であること
そしてワクワクしている
↑ラジオはココ大事

上3つ4つを専門用語で説明するなら
ロジャーズの3条件
・共感的理解
・無条件の肯定的関心
・自己一致

ということです。ざっくり簡単に説明すると

共感的理解
…話題に対してフェアに聞くことかな
相手の立場に立ってとか、相手の気持ちを思ってという説明も耳にするけど
私は「私は」ですよ…話題の内容の世間的な良し悪しは一旦置いといて
話し手が語る物語から何が伝わってくるか素直に感じるってことかなと思う。

ものすごく怒ってる!って話でも「悲しい」「寂しい」って聞こえてくることもあるし
幸せです!って語ってても「俺すごいだろ!」みたいな見栄の話に感じることもあるし

自分の感覚をその人と共振させる感じかな。
相手の立場に立つというのも自分あっての事だからなぁ。。

無条件の肯定的関心
これは先ほどの内容と被るんだけど
その人が語る内容を良し悪しと判断するのではなく、
興味を持つ事。

一般常識や先入観で「ダメ!」「良い」と決めてしまっては
それ以上どうしようもない。

そして無条件に肯定するのは
「話の内容」じゃなくて
話し手の存在そのものの方だと思ってる。

話し手は話を肯定的に聞かれる事で
自分の存在を受け止めてもらっていると感じることができるから

聞き手は無駄な講釈など必要がなく、
存在に耳を傾けるんだと思う。

存在に耳を傾けてる時ってそんな否定的な言葉は出てこないような気がする。

自己一致
これが一番難しく修行あるのみだなと思う。
自分に対して素直であること。

話を聞きながら自分が素直であるというのは
「良し悪しをつけない」と書いておきながら
やっぱりそう思うものは思うもので(笑
それもそれとして

「あ、今…あかんやんそれ」って思った
と心の中で思いつつそれを認める。

その「あかん感じ」を心の中で転がしつつ
無かったことにするのではなく、
良しも悪しも思いながら

どんな「良い」感じなのか「悪い」感じなのか
はたまた「なんとも言えない」感じなのか

心に浮かんだこと感じたことを
素直に感じ、聞き返すことは聞き返したり
私はこう感じたよ〜と伝えたり

自分の中に浮かんだ感情を怖がらず
正々堂々と受け止め相手とやり取りする

何も嘘がない

これが意外とすごく癒しなんだなぁ。
社交辞令も体裁もない。

ただただ真摯にやり取りする
これだけのことなんだけど
ものすごく安心んする場に変わる。

かなり私の解釈が入ったけど、

一言で言うなら
「生まれてきてくれてありがとう」

なんかこの言葉かなぁって思う。
軽く言うことはできても
その人そのもの存在に触れながら伝えられるだろうか

伝える側のエゴで言うのではない
相手を癒してやろうとか助けてやろうとか
まして自分がいい人ぶって言うのではない

そう思うからそう伝える

それだけの無垢な感覚が自分にあるだろうか

ここまでいくと
無条件の愛とでもいうのだろうかね^ ^

ココロの中は複雑だけど

ラジオの中でどれだけできてるかって事だけどね

カウンセリングの場面と
ラジオの場面では求められる事、

エンターテイメント性だとか
面白さだとか、全く違うものだから
主に楽しさにチャンネルを合わせて勧めるんだけど

ゲストさんのここぞ!という時には聞き手スイッチいつでもON!だよ

それを本当にうまくこなされているんのが明石家さんまさんだと思う。
誕生日を迎えた朝に見た夢が明石家さんの夢でした。

学べ!って事だなと直感。
すぐに録画を引っ張り出してきて勉強。

すごいよね。
自分の凄さも面白さも把握されてて
相手の面白いとこおろ良いところ、弱いところ
相手が話したいところ、視聴者が聞きたい・見たいところ深掘りしてほしいポイント

こぼしはらへんなぁ〜
本当にすごい。

これからも勉強あるのみ!
目指すは楽しいパーソナリティ
脱皮を後何百回と重ねないとだわ!

だけど、ロジャーズの3条件は
別段人の話を聞く時だけじゃなくて
ひとりでいる時にも
何かを創作する時にも
とても役立つ概念だと思う。

なので今回ご紹介しました( ´ ▽ ` )

「自分に素直に」

なかなか感覚というものを言語化するのは
難しいですが、次回は

「感覚の言語化」

について書きたいと思いますよ〜


FM千里は毎週金曜日16:00〜放送中
ハイライトはYouTubeでもお楽しみください^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です